チームレース2日目とスペアディ・・2連休 (現地時間10月26日、27日・12、13日目)

チームレース1日目の結果の通り、Finalステージへ進出できず、チームJAPANは大会のチームレース2日目とスペアディで2連休となりました。

大会期間もあと3日間。後半のフリートレースに向けて、疲れを溜めないよう気をつけながら、残り少ないアルゼンチンでの滞在を惜しむように、休日を過ごしました。

ハーバーのあるSan Isidroにある、大聖堂や日曜日に公園で行われているフリーマーケットのような市場やサンイシドロ駅の中を見て回りました。

DSC09456 DSC09513

お腹が空いた一行は、ブエノスアイレスに来て、一度は行ってみたかった人気店KANSASへ徒歩で向かいます。

歩道は一度は舗装されてはいてもガタガタで、まっすぐ歩いていてもバランスを崩しやすく、徒歩15分程の距離を歩くのにとてもエネルギーを使いました。

ようやく到着したと思ったら、昼の13:30。ブエノスアイレスでは、平日はランチタイムが終わったらお店が閉まり、ディナータイムは20時からしか開店しません。ただし、週末は1日中開いていて、すでに大入り満員でした。KANSASでは、受付で大勢の人が待っていましたが、テラス席ならすぐに入れると聞いて、空腹の余り、即決でテラスへ。待っていたのは、一部、陽の当たる座席でしたが、仕方ありません。

DSC09519

それぞれがRib eye SteakやHawaiian Steakなど、メニューと好みの焼き方とサイドメニューをチョイス。

DSC09523

DSC09530 DSC09531

大会関係者で地元に住んでいる人やタクシー運転手さんなど、幅広く人気のあるお店ながら、チームのメンバーは皆、お腹一杯・大満足でお店を後にしました。

ちなみに、大きなお肉をお腹一杯食べて、飲み物を含めてもかかった費用は日本のファミレス価格というリーズナブルさ。

数年前からウルグアイにその座を明け渡すまで、世界で一番肉を消費していた国で、牛肉の消費量は日本の10倍と言われているだけあり、おいしいお肉が安く戴けることは、中学生の選手たちだけでなく、父兄にとっても嬉くもあり、有難いお国事情でもありました。

夜は、以前、中華街で購入していた日本のカレールーとアルゼンチンの牛肉を使ってカレーライス。

サポーター母たちが手作りでお鍋いっぱいに作ったカレーは、2日間の晩御飯になりました。

もう一日は、ひとり片道100円に満たない電車に乗ってブエノスアイレス市内に出かけてウィンドウショッピング。
宿では韓国チームから唯ひとり参加しているドンウくんたちととても仲良くしていて、この日も一緒に出かけました。

帰りは16時ごろだったにも関わらず、夕方のラッシュにかかってしまったようで、ちょっと疲れましたが、
以前行ったことのあるヨーグルトアイスクリームのお店へ行って、リフレッシュして帰ってきました。

wpid-wp-1414459113115.jpeg

ここ数日、到着した頃と比べて随分暑さが増してきたブエノスアイレス。
ちょっと歩いたり、陽が当たる所に出ただけで、汗だくになるほど。
この後、数日は、天候も思わしくない予定ですが、
選手たちは気持ちを切り替えて、後半戦に挑みます。

チームJAPANは、涼・佳諭がSilver、アンナ・達人・仁がBronzeで後半戦を戦います。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

広告

コメントもしくは応援メッセージをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中