チームジャパン・無事帰国しました!

台風により危ぶまれる中、無事に出発した10月13日(月)から、ちょうど3週間経った11月3日(月)、最後の長旅を終え、チームは皆元気に帰国しました。

今思えば、昨年12月のNT選考会を終えて、アルゼンチンに行くことを喜んでいたのもつかの間。大会まで10ヶ月という異例の長期間、また選手全員が中学3年生という進学においても大切な時期ということもあり、選手にとって練習を積み重ねる以外にも課題やスケジュールが山積み。父兄も、想像以上のサポートが必要でした。

まる二日間かけてようやくたどり着いたアルゼンチンでも、3週間もの長期間の滞在中、鈴木國央コーチの掛け声の元、監督、国代表、サポーター皆がフォローしあうことで、選手も体調を崩すことなく大会期間を終えることができました。

DSC09702
大会公式ホテル・TORRE LIBERTAD前で、韓国チームと一緒に記念撮影。

今回のWorld Championshipでは、新たな試みとして、前半のフリートレースの結果により、後半はGold,Silver,Bronzeの3フリートに分けてレースが行われました。

チームジャパンは、前半3日間で6レースを終え、後半はSilverで2名が、Bronzeで3名がそれぞれ3日間で3レースと2レースを戦いました。中日に行われたWorld Team Race Championshipでは、チームワークで勝ち取った勝利の後のレースで敗れ、最終戦に残ることはできませんでしたが、レースに挑む選手たちの努力はコーチも驚くほどでした。

また、国内でもアルゼンチンでも、緊張しているレースの時でも、疲れている時でも、共に穏やかに、また楽しく過ごし、最後の別れの時まで、笑顔が堪えない仲間でいられたことは、本当に素晴らしく、選手たちにとって一生の宝物となったのではと思います。

DSC09716

最後になりましたが、これまで選手を支えて下さった所属クラブ並びに全国の各クラブの皆さま、OPのOBOG選手やご父兄の皆さま、また、日本OP協会のご支援ご協力のお陰でこのような素晴らしい経験ができましたことを、心より御礼申し上げます。

小木曽涼、神谷仁、尾道佳諭、辻アンナ、藤原達人、選手5名は、今回の経験を元に、これからもそれぞれが次のステージや新たな活動の場で活躍してくれることと思います。

長い間、本当にありがとうございました!
チームジャパン選手、父兄一同

DSC09703
3週間、チームジャパンを率いて下さった鈴木國央コーチ、本当にお世話になりました。

DSC09801
帰国前にガウチョツアーへ。馬車・乗馬・最後のBBQを楽しみました。

広告

コメントもしくは応援メッセージをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中