About ARGENTINA

IODA World Sailing Championship 2014 は、
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスの中心部から北西の位置にある
CLUB NAUTICO SanIsidroというヨットハーバーにて行われます。


南米のパリともいわれる首都・ブエノスアイレスは、2020年の東京五輪が決まった第125次国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)総会が開かれていたことですでに有名ですが、その名前の意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」。船乗りの望む「順風」が街の名前になったものだそうです。
引用:ブエノスアイレス(Wikipediaより)

さて、アルゼンチン共和国へは、日本から経由地を経て30時間ほどかかります。時差は日本-12時間。
日本語の表記はアルゼンチン共和国。漢字では、亜尓然丁亜爾然丁阿根廷のように表記されるようです。
国土は、南北の全長は3800kmに及ぶ、ブラジルについで南米で二番目に大きい国で、総面積は世界8位。
日本と同じ温暖湿潤気候で四季がありますが、南半球にあるため日本と真逆です。
ただ、緯度からもわかるように、大会のある10月の平均気温はほぼ日本と同じで、18℃前後となっています。

国名 都市名 緯度 経度
アルゼンチン ブエノス・アイレス S34.35 W58.29
日本 大阪 N34.41 E135.31

引用:アルゼンチン共和国(Wikipediaより)

今大会のレース海面はラ・プラタ川Río de la Plata スペイン語で「銀の川」の意)の河口にあります。
そのため、海面が非常に混濁しています。
ハーバーのHP・FOTOSには、これまで現地で開催された大会の写真も閲覧することができますが、
2012年OP南米選手権のアルバム(CAPPIZANO)
2012年レーザー4.7級世界選手権(BULKHEAD)からも、その様子がよくわかります。

広告